振込後の一部返金・決済取り消しに関する注意事項

一部返金または決済取り消しの対応日が、取引期間の締め日以降である場合、修正前の金額でのお振り込みとなります。

その後、一部返金または決済取り消し対応日以降の締め日を元に、修正された金額および手数料の変更は、下記の対応とさせていただいております。
あらかじめ、ご了承ください。

目次

    修正後の金額に関する振込について

    修正後の金額が対応日を含んだ決済期間内でのお振り込み金額で相殺できる場合

    取り消し対応日後の締め日での振込金額より相殺し、お振り込み金額から修正後の金額を元に減額または増額させていただきます。
    加盟店様での対応は不要です。

    修正後の金額が対応日を含んだ決済期間内でのお振り込み金額で相殺できない場合

    2カ月連続で決済金額にて相殺できなかった場合、不足金額分を請求書にてご対応いただきます。
    請求書は後日「株式会社DGフィナンシャルテクノロジー」より送らせていただきます。

    振り込み期限がありますので、お受け取りいただきましたら、早目の対応をお願いいたします。
    振込手数料は加盟店様でのご負担とさせていただきます。

    請求書の送付先は、ご契約住所宛とさせていただきます。
    法人契約の場合は法人宛、個人契約の場合はご契約者様住所宛へお送りさせていただきます。

    決済金額の取り消しについては、下記ページをご確認ください。
    店舗管理画面から返金する方法が知りたい

     

    振込後の一部返金・決済取り消しによる対応の具体例

    下記、具体例となります。

      取引内容
    1月3日

    取引 10,000円

    1月31日

    締め日

    2月28日

    振込日
    決済金額10,000円に対しての振込実施

    3月5日

    決済取消実施(お客様の申告により対応) 10,000円

      振込金額から
    相殺できる場合
    振込金額から相殺できず
    請求書対応となる場合
    3月1日~31日

    決済金額合計が1,000円

    取引が発生せず、決済金額なし

    4月30日

    振込日

    振込金額では不足しているため、相殺不可

    振込日

    決済金額がないため、相殺不可

    4月1日~30日

    決済額合計が50,000円

    取引が発生せず、決済金額なし

    5月31日

    振込日

    振込金額にて取り消された10,000円の相殺を実施
    加盟店様での対応は不要です。

    振込日

    決済金額がないため、相殺不可
    2カ月連続で相殺できなかったため、不足分の請求書を送付させていただきます。

    Airペイ QRへのお問い合わせ

    上記で解決しない方は
    こちらからお問い合わせください。

    Airペイに関するお問い合わせはこちら

    この記事の改善のために、
    ご意見をお聞かせください。
    この記事は役にたちましたか?